山﨑社長の恩師 加藤与五郎博士


工業界で海外技術の吸収が盛んだった大正時代初期、創造をもって産業を興そうと自ら先頭に立って日本の電気化学工業の発展に奮闘。「進歩則創造」の精神を持ち、当時の日本のために応用研究と人材の育成に人生を捧げました。

加藤博士の提唱する「創造・科学・教育」は、清い心をもって問題を見つめ、世の中の役に立つ技術を創造すること、その技術を生み出すパイオニア出現の重要性を説いています。


略歴

1872年 愛知県刈谷市に生まれる
1895年 同志社ハリス理化学校卒業
1903年 京都帝国大学卒業 MIT(マサチューセッツ工科大学)留学
研究者としての思想の原点であるノイス教授の指導を受ける
1906年 東京高等工業学校(現東京工業大学)の教授となる
1930年 武井武博士とともにフェライトコアの発明、特許出願
1935年 勲二等瑞宝章 受章
1957年 軽井沢にて創造科学教育の指導を始める
文化功労者に選ばれる
1964年 勲二等旭日重光章 受章
2000年 愛知県刈谷市より名誉市民に推挙される