ひた向きに知的創造サイクルを回す。当社は、そんなユニークなビジネスモデルを実践しています。




世の中のニーズを先取りしたテーマを探し、徹底的に研究開発を行い新しい原理を見つけ、問題を解決するための技術を発明(種蒔き)。同時に、特許を取得し発明を守り(育成)、自らの技術・発明を世界中に認めてもらい、量産に活用される(結実)ことで産業の発展に貢献し、利益を得る(収穫)。その利益は次なる研究開発に再投資する(新たな種蒔き)。

この知的創造サイクルの循環こそ、当社が目指す「農耕型ビジネスモデル」です。

一方で、自ら研究開発を行わずに特許権を他者から買付け、メーカーに対し権利侵害を主張して多額の特許料を得ようとする「狩猟型ビジネスモデル」も存在します。こちらは単なる利益獲得の手段であり、産業の発展に貢献しないばかりか、開発・生産意欲を減退させることにもつながります。

当社は農耕型ビジネスモデルをもって、日本をはじめ、米国、EU、アジア諸国等に向けて特許出願を行い、産業の発展に貢献するため、技術を発信し続けています。