経営理念,社名の由来

Company Philosophy

創造された技術・商品を通して世界の進歩に貢献しよう

当社は1980年、世の中のニーズを先取りした研究開発(創造)を発信することで、世界の進歩に貢献することを目的として、設立されました。その根幹には、設立者である山﨑社長の恩師である、加藤与五郎博士の「進歩則創造」の精神があります。

当社は常に「世界初」の技術発信ができるよう、社内オープンイノベーションの風土の中、シミュレーションから、設計、試作、信頼性評価・分析・測定などの研究開発の工程、特許取得、活用にいたるまでを社内一体となって行っています。また技術は使われてこそ産業の発展に貢献できると考えています。実用化を見据えた技術を提案できるよう心がけています。

社名の由来


社名の由来

当社は太陽電池の研究開発から始まった会社です。社名の由来も太陽電池にあります。

  1. 半導体=太陽電池材料(アモルファスシリコン)
  2. エネルギー=光をエネルギーにかえる
  3. 研究所=研究開発に特化する会社

ロゴマークも太陽や空、雲をモチーフにしています。

ロゴの説明