当社代表取締役山﨑舜平、米国セラミック協会よりW. David Kingery Awardを受賞


2018年11月
株式会社半導体エネルギー研究所



 当社代表取締役山﨑はこのたび、米国セラミック協会 (ACerS) よりW. David Kingery Awardを受賞いたしました。本賞は、セラミックにおける多分野かつ世界的な技術、科学、教育及び技巧への貢献について、生涯にわたる素晴らしい功績を表彰するものです。山﨑は『先駆的な産業上のリーダーシップと、酸化物半導体への次世代に影響を与える重要な貢献を行ったこと。このことにより、太陽電池、不揮発性メモリ、液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイ及び集積回路の発展に重要な役割を果たしている革新的な材料技術をもたらした』ことが評価され、本賞をいただきました。




 なお、2018年10月15日には、米国オハイオ州コロンバスにて開催されたACerS 120周年年次総会において授賞式が行われました。


▲表彰状を手にする山﨑


ACerS: 1898年に設立されたACerSは、オハイオ州ウェスターヴィルに本拠地を置くセラミックスコミュニティの非営利組織です。会員数は9,500人以上にのぼり、科学者やエンジニア、研究者、生産者、工場人員、教育者、学生、マーケティングやセールスの専門家等、70カ国以上の多様な人から成り立っています。本協会は学会や委員会等、セラミックス関係で働く人々をつなげる機会としてフォーラムを主催し、その強力且つ多様なコミュニティにより、セラミックス技術の革新をサポートしています。

ACerS公式ホームページ:http://ceramics.org/

本記事は、米国セラミック協会の許可を得て掲載しております。