半導体エネルギー研究所とシャープ株式会社の共同開発CAAC-IGZO®技術を用いたスマートフォンが2019年R&D 100 Awardsを受賞


2019年12月
株式会社半導体エネルギー研究所



 当社とシャープ株式会社の共同開発CAAC-IGZO (c-axis aligned crystal indium-gallium-zinc oxide)技術を用いたスマートフォンAQUOS R2およびAQUOS R2 compactが、2019年R&D 100 Awardsを受賞しました。受賞製品にはCAAC-IGZO技術を用いたディスプレイが搭載されており、高精細でなめらかな表示、低消費電力等の特徴を備えます。

 2019年12月5日、米国カリフォルニア州サンマテオにてR&D 100 Awards Banquetが開催されました。

>>受賞製品について(R&D WORLD社のサイト)



※R&D 100 Awards
前年の優れた製品・技術を100件選出し、研究開発のパイオニアを称え科学技術の革新的アイデアを表彰する賞。 米国R&D Magazine社(現R&D World Magazine社)が1963年より毎年表彰を行い、今年よりその親会社WTWH Media LLCが主催しています。
2019年の受賞製品の一覧は、https://www.rdworldonline.com/2019-rd-100-award-winners-unveiledよりご覧いただけます。

「CAAC-IGZO」は半導体エネルギー研究所の登録商標です (商標登録第5494218号)。
「AQUOS」はシャープ株式会社の登録商標です。