アクティブマトリクス方式有機ELディスプレイ

高精細1.8インチ型フルカラー、高画素密度1.5インチ型モノカラーを開発

TDK株式会社
株式会社半導体エネルギー研究所


 TDK株式会社(社長:澤部 肇)と株式会社半導体エネルギー研究所(社長:山﨑 舜平)は、このたび、発光素子に有機EL材料を用いた高精細1.8インチ型フルカラーおよび、高画素密度1.5インチ型モノカラーの有機ELディスプレイを開発しました。

 この2機種は、半導体エネルギー研究所の高性能TFT(薄膜トランジスタ)の製造技術と、TDKの有機EL技術を用いて開発したものです。

 1.8インチ型フルカラーでは、小型化をはかった高性能TFT(CGS-TFT)の採用により、業界初*となる1.8インチ型でQVGAという高精細を実現し、さらに、白色発光素子とカラーフィルタを組み合わせてRGBの3原色を発光させるカラーフィルタ方式で、RGB各色64階調の262,144色を可能にしました。

 表示エリアは36.5×27.4mm、画素数は320×RGB×240(QVGA)で、デジタルスチルカメラモニタをはじめ、携帯電話メインパネル、カムコーダモニタ、携帯情報端末など幅広い用途が期待できます。



 一方の1.5インチ型モノカラーでは、高性能TFT(CGS-TFT)の採用により、ゲートドライバのみでなく、ソースドライバもパネル内部に一体形成して小型化をはかり、世界最高*画素密度423ppi、高開口率75%を達成しました。また、RGBWを含めてモノカラーの発光材料を個別に成膜することにより省電力化をはかりました。

 表示エリアは30.72×23.04mm、1.5インチサイズで423ppi(QXGA)という超高精細化を実現したことにより、文字情報(メール)やポータブルメディアプレーヤ用ディスプレイとして非常にクリアな表示と、省電力化、高輝度化をはかることができます。

 今回開発した2機種の有機ELディスプレイには、トップエミッション方式とよばれる、基板の上方向に発光がおこなわれる方式を採用し、高精細化、高開口率の実現に寄与しています。

 本ディスプレイは10月20日よりパシフィコ横浜で開催されます「FPD International 2004」のTDKブースにて展示する予定です。

*2004年10月19日現在、TDK調べ

項目 内容
画面サイズ(対角) 1.8インチ
駆動方式 アクティブマトリクス
画素数 320RGB(H)× 240(V) QVGA
表示エリア 36.5mm(H)× 27.4mm(V)
画素ピッチ 0.114mm(H)×0.114mm(V)
ピクセル/インチ 223ppi
パネル厚さ 1.4mm(対向基板含む)
画面アスペクト 4:3
発光方向 トップエミッション
ソースドライバ 一体形成
ゲートドライバ 一体形成
色数 262,144色(RGB各64階調)
コントラスト 未評価
消費電力 未評価

▲1.8インチ型フルカラーの主な仕様


1.8インチ型フルカラーの画素部断面図
▲1.8インチ型フルカラーの画素部断面図



項目 内容
画面サイズ(対角) 1.5インチ
駆動方式 アクティブマトリクス
画素数 512(H)×384(V) QXGA
表示エリア 30.72mm(H)× 23.04mm(V)
画素ピッチ 0.060mm(H)× 0.060mm(V)
ピクセル/インチ 423ppi
パネル厚さ 1.4mm(対向基板含む)
画面アスペクト 4:3
発光方式 トップエミッション
ソースドライバ 一体形成
ゲートドライバ 一体形成
階調数 モノカラー64階調
コントラスト 未評価
消費電力 未評価

▲1.5インチ型モノカラーの主な仕様


1.5インチ型モノカラーの画素部断面図
▲1.5インチ型モノカラーの画素部断面図