自動車駐車場賃貸借契約書



自動車駐車場賃貸借契約書


貸主 株式会社半導体エネルギー研究所(以下「甲」という)と、借主(以下「乙」という)は、以下条項を確認のうえ、自動車駐車場賃貸借契約(以下「本契約」という)を締結する。

第1条(総 則)
甲は、その所有するSEL第○駐車場の駐車区画(以下「本件駐車区画」という)を乙の申告した自動車(以下「本件自動車」という)の駐車場として使用することを認め、乙は現状のまま定められた用法にしたがって使用するものとする。
2.乙は指定された区画の中に充分な注意と確認をもって適切に駐車するものとする。
3.本契約は、自動車駐車場の一時使用契約であり、「借地法」が適用されないこととする。
4.本件駐車区画は、契約期間中といえども甲は任意に指定し、また任意に変更できることとする。

第2条(契約期間および契約の更新)
契約期間は、利用開始日より1年間とする。但し、契約満了日1ヶ月前までに甲・乙いずれからも解約の申し入れがない場合には、本契約は期間満了の翌日からさらに1年間同一条件にて継続するものとし、以後も同様とする。

第3条(使用料および支払方法)
乙は、本件契約の締結と同時に当月に係る使用料月額○○○○円(消費税込み)を甲に支払い、それ以降は、定められた月額使用料を指定された支払方法により期日までに支払うものとする。月の途中からの使用については日割り計算とする。なお、支払いに要する費用は、乙が負担する。

第4条(使用料の変更)
甲は、公租・公課・諸物価の変動、その他の負担増があったときは、本契約期間中といえども、1ヶ月の予告期間をもって使用料の変更を行えるものとする。

第5条(敷 金)
乙は、本契約の締結と同時に定められた敷金(○○○○円)を甲に預託します。ただし、敷金には利息を付さないものとする。
2.本条の敷金は、本件契約が解除または解約された場合は、その全額を乙に返還する。ただし、乙に本件契約に関する債務が残存するとき、甲は任意にその敷金をもって債務の弁済に充てることができるものとする。
3.乙は、本契約の期間中、期間満了時を問わず本条の敷金をもって乙の債務の弁済に充てることを主張することはできないものとする。

第6条(乙の賠償義務)
乙またはその家族・従業員・運転者・同乗者・その他乙の関係者が、故意または過失により本件駐車場の設備・施設あるいは、本件駐車場に駐車中の他の自動車または付属品に損害を与えたときおよび人身事故の賠償について、乙は自己の責任において損害のすべてを相手方に賠償しなければならないものとする。

第7条(甲の免責事項)
甲は、本件駐車場の駐車車両の保管管理をなさないものとし、駐車中の本件自動車に天災・地変・火災・飛来物・落下物・盗難等および甲の責めによらない事故、第三者の故意または過失による乙の被った損害については、一切その責めを負わないものとする。

第8条(禁止事項)
乙は、本件駐車場内および周辺で次の行為をしてはならないものとする。
  ①申告された本件自動車以外の車両の駐車および用途の変更をすること。
  ②指定区画以外の場所に駐車すること。
  ③一時的な場合を含め、乙以外の者に本件駐車区画を使用させること。
  ④本件駐車場内に引火物その他危険物を搬入すること。
  ⑤本件駐車場内に工作物を設置したり、タイヤ・タイヤチェーン・ジャッキ・工具類・オイル
   缶・ポリ容器等の物品を放置あるいは残置すること。
  ⑥タバコの吸い殻やゴミの投げ捨てをすること。
  ⑦他の車両の駐車の障害となる駐車あるいは入出場および場内通行の妨害となる行為をすること。
  ⑧大型トラック等重量車両を進入させあるいは駐車させること。
  ⑨クラクション・空吹かしの乱用・急発進・急ブレーキ・乱暴な走行等による他の利用者およ
   び近隣の迷惑となる一切の行為をすること。

第9条(解約の予告)
本契約期間中といえども乙は、1ヶ月以上の予告期間をもって甲に書面による解約の申し入れをすることにより本契約を解除することができる。
2.乙は、本条の予告に代えて1ヶ月分の使用料を甲に支払うことにより、即時本契約を解除できる。この場合、予告した期日の到来日をもって、本契約は終了する。

第10条(甲の契約解除権)
甲は、乙が次の事項に該当したとき、乙に対する何等の通知・催告を要せず直ちに本契約を解除できることとする。
  ①使用料を所定の期日までに支払わなかったとき。
  ②本件契約の条項に違反したとき。
2.甲の業務上の都合により、本契約を終了させることとなったとき、甲は、1ヶ月以上の予告期間をもって乙に通知することにより、本契約を解除できることとする。

第11条(契約の終了と明渡し)
解約または解除により本件契約が終了した場合、乙は、直ちに無条件にて自費で本件自動車を場外に搬出することとする。
2.本件契約が終了したにも係わらず、乙が本件自動車を場外に搬出しないか、あるいは乙の所在が不明で連絡の方法もないまま本件自動車を放置した場合は、甲または甲の指定する者が、乙に代わって本件自動車を場外に搬出し、保管または処分することができることとする。この場合の処置に要した費用は乙の負担とし、そのために生じた本件自動車の損傷・損害や物品の紛失について、乙は甲に何等を問わず金員等の請求を一切できないこととする。

第12条(乙の通知業務)
乙は、次の事項に変更が生じたときは、すみやかに甲に通知するものとする。
  ①乙の住所氏名・勤務先・電話番号
  ②本件自動車の登録番号・車体の色
  ③駐車車両を変更するとき。

第13条
(定めのない事項)本契約書に定めのない事項について、当事者は誠意をもって協議のうえ、善処するものとする。

(特 約 条 項)
1.駐車車両は普通乗用車までとする。