有機EL

SEL独自の技術により長寿命・高効率化が可能に。
より鮮やかな色彩を求めて。


有機EL(OLED)

(Organic Light Emitting Diode、有機発光ダイオード)

有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)は、今や液晶ディスプレイと並びディスプレイの主流です。さらなる高性能化(高効率、長寿命、高精細、高色域)を目指して盛んに開発が行われています。また、有機ELを照明に用いる試みも始まっています。

高性能なディスプレイや照明を実現するためには、有機EL材料の開発から手掛けることが極めて重要です。当社では、有機EL材料の開発を進めており、ExTET、TTAという技術を用いて高効率、長寿命の素子を実現しました。また材料開発に加え、素子構造にもオリジナルな工夫を加え、近年注目されている「BT.2020色域規格(自然界に存在する色の約99.9%を再現)」へ対応する素子を実現。さらに鮮やかな色彩を追究しています。

OLED材料のフォトルミネッセンス(溶液中)
▲OLED材料のフォトルミネッセンス(溶液中)


有機EL材料開発 高輝度化・長寿命化技術


SEL独自技術 ExTET®


当社では、発光層において、電子輸送性ホスト材料とホール輸送性アシスト材料との間でExciplexを形成、そこから燐光dopantへエネルギー移動し、発光する燐光素子を開発しました。この技術をExTET(Exciplex-Triplet Energy Transfer)と呼んでいます。この技術を用いることで、高効率だけでなく、低い駆動電圧と長寿命を両立できます。

ExTETのエネルギー状態図


蛍光素子の発光効率向上 TTA


電流励起の場合、三重項励起子の生成確率(内部量子収率)は75%となり、蛍光をもたらす一重項励起子は25%しか生成されません。このため、蛍光素子の発光効率は、燐光素子よりも低くなります。しかし、何らかの方法によってこの一重項励起子を増やすことができれば、発光効率は向上します。その方法の一つとして、TTA(発光層において、三重項励起子どうしの相互作用によって、一重項励起子が生じる現象)があります。当社では、このTTAの生成率を高める素子構造を見出し、高い発光効率を持つ蛍光素子を開発しました。







TTAのエネルギー状態図


有機EL素子開発


有機EL材料開発に加えて有機EL素子開発も自社で行い、高性能な有機ELディスプレイ開発のために最適な素子構造を追求しています。

▲有機EL素子(赤色(左)、緑色(右))


有機ELディスプレイ開発


有機ELディスプレイの詳細はこちらへ



部屋が暗ければ照明のスイッチをオン。
このような何気ない日常にも発明のヒントは隠れています。


有機EL照明


照明の主流は、白熱電球、蛍光灯から低消費電力、長寿命が売りのLED、有機EL照明に移り変わりつつあります。
その流れの中、当社では有機EL照明に注目し、快適な照明の未来を思い描いています。
有機EL 照明は低消費電力、長寿命でさらに自然光に近い光を再現できる演色性に優れています。
また水銀を含まず、面光源で薄くて軽くフレキシブルという環境配慮やデザイン性の点でも魅力的な照明です。

当社では、ライトボード、フレキシブル照明の開発を進め、その実用化、さらには有機EL照明の普及に向け、
さらなる電力効率、寿命、演色性の向上を目指しています。




※ ExTETは、半導体エネルギー研究所の登録商標です (商標登録第5666910号) 。